ETCカード 失敗

便利だけどもっと良くなる方法はあるはず!? 私が思うETCの未来とは?

私は毎週のように車で遠出をします。

 

ドライブの好きな私にとってETCカードはなくてはならないものです。昔はいちいちカードを受け取って係り員さんと手渡しで支払をしていたことを考えると、ゲートをスッと潜り抜けるだけで通れてしまうETCの存在は本当に驚きでした。なので、ETCカードが普及しはじめるとすぐに使うようになりました。ちなみに今も昔もクレジット機能なしのものを使っています。

 

しかし、ETCに慣れ過ぎたせいで何度か苦い思いをしています。まずは、ETCカードの入れ忘れです。これはとても恥ずかしいものです。

 

しょっちゅう使うため、当然カードが入っていると思い込み、疑いもせずにゲートに進むと、ゲートはいつものようにポンとは開かず、下りたままで「カードが入っていません」と言われてしまいます。スピードは落としているのでぶつかりはしませんが、それでもドキッとしますし、「なんで!」と驚きの声を発してしまいます。それからオタオタとカードを探すのですが、その間、後続の車からはきっと「あ、前の車がヘマしたな」と思われているに違いありません。もしくは「早くしろよ」とイライラしているでしょう。周りに迷惑をかけていると思うと、いたたまれない気持ちになります。

 

いつかもっと、便利なETCができてくれないものでしょうか。

 

カードだと、入れ忘れだけでなく、紛失したり盗難したりすることもあります。そう簡単に盗めないように、失くさないように、できれば良いなあと思うのです。たとえば装置そのものにカード番号を登録してしまうとかです。そうすれば、入れ忘れは間違いなく無くなりますし、ゲートにぶつかりかけることもないでしょう。ただ、レンタカーなど人の車を借りるときにETCが使えないのは困りますから、カードそのものは必要だと思います。